女性特有の悩み

月経困難症は子宮口が未発達の若い女性に多い

月経時に、下腹部痛と頭痛、吐き気、肩こり、眠気、気分の落ち込みなどの全身症状が伴うものを「月経困難症」といい、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気、子宮の位置の異常などが原因となって起こる「器質的」なものと、病気や異常などがないのに起きる「機能的」なものに大別されます。

生理痛に悩まされる女性

月経が始まると、剥がれ落ちた子宮内膜と血液が子宮頸管を経て体外に排出されますが、子宮口は小さいため、通過の際に押し広げようとする際に強い痛みが起きるのです。これが機能的な月経困難症が起きる理由です。特に子宮の成熟が未発達の若い女性は、経血を排出しようとする際の痛みが強くなる傾向にあります。

また、ホルモンが原因で起こる月経困難症もあります。排卵期から月経が始まるまでの期間、黄体期の半ばくらいから、プロスタグランジンと呼ばれるホルモンが子宮内膜で産生されます。プロスタグランジンには子宮を収縮させる働きがあり、それにより子宮内部の不要な血液を排出することができるのですが、このホルモンが多すぎると子宮がギューッと収縮するため、激しい月経痛を起こしてしまうのです。

そのほかにもプロスタグランジンには、体の痛みの神経を刺激する作用もあるため、頭痛も起こりやすくなります。また腸の働きを活発にさせるため、下痢を引き起こすこともあります。子宮内膜症や子宮筋腫の女性は、プロスタグランジンの産生量が多くなり、月経痛も強くなり、月経困難症になりやすいので注意しましょう。

月経困難症の一般的な治療は、ロキソニン、ポンタール、ボルタレンといった月経痛用鎮痛剤(プロスタグランジンの過剰産生を抑制する薬)を服用します。

成熟期の女性に多い子宮筋腫

30歳以上の女性のおよそ5人に1人は子宮筋腫を持っているとされているほど、婦人科では診察の機会が多い病気ですが、現在でも子宮筋腫に対する理解は進んでおらず、「筋腫=必ず手術が必要」と誤ったイメージが持たれています。

子宮筋腫は成熟期の女性に多く、閉経を迎えると筋腫は自然に委縮することから、卵胞ホルモン(エストロゲン)による過剰な刺激が原因となり、子宮の平滑筋や結合組織が増殖するという考え方が有力です。

子宮筋腫の発症する部位は、筋層内、漿膜下、粘膜下などがあり、その部位によって症状は異なります。いずれもコブ状の筋腫の存在によって、子宮の収縮活動が障害されるため、月経の量が増えたり、期間が長引いたりして、貧血となり、ちょっと体を動かしただけで息が上がったり、立ちくらみがしたりします。

そのほか、月経痛、月経困難、腰痛、むくみ、筋腫が膀胱を圧迫することによる便秘といった自覚症状が現れます。筋腫が粘膜下にできると、受精卵が着床しにくくなり、流産や不妊の原因になることもあります。そのほか、茎を持った筋腫が大きくなると、茎が捻じれて激しい腹痛を引き起こすこともあります。

子宮筋腫の診断は、膣内に医師が指を入れて壁越しに子宮に触れる「内診」、「超音波検査」によって行います。子宮筋腫が確認された場合でも、筋腫の大きさがこぶし大以下で自覚症状がない場合、あるいは閉経間近の年齢の場合は手術せずに経過観察となります。

無月経が続くと子宮が委縮したり、卵巣の機能が低下

月経がない状態には、妊娠や授乳中などの理由で、月経が中断している「生理的」な無月経と、子宮や卵巣の異常などが原因となる「病的」なものがあります。問題となるのは、後者の病的な無月経のほうで、「原発性無月経」と「続発性無月経」とがあります。

若い女性に増える無月経

18歳を過ぎても初経がない状態が、原発性無月経で、先天性異常や先天性疾患(染色体異常、卵巣形成不全、子宮無形性、膣の閉鎖)、視床下部や下垂体の異常、病気によって月経が起こらないなどが原因として考えられます。

続発性無月経は、月経の後3ヵ月経っても次の月経がない状態です。原因としては、視床下部性、下垂体性、卵巣性(以上3つはホルモンが関係)、子宮性(子宮内膜が炎症性の病気で癒着したなど)の因子があります。

月経のシステムは、エストロゲンとプロゲステロンが不足すると、視床下部が下垂体に対して指令を送ります。下垂体は卵巣に性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)を送るという連携で成り立っていますが、視床下部や下垂体に異常があると、無月経になってしまいます。

視床下部性の障害には、心因性や神経性があります。自律神経をつかさどる視床下部は、ストレスや、ショックなどの心因性の因子が自律神経を狂わせてしまうことで、ホルモンの分泌に悪影響がでてしまいます。また、食欲中枢も司っているため、拒食症や過食症などでも無月経になることがあります。

下垂体性の無月経は、下垂体に指令を出す視床下部が障害され、性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)を分泌できなくなることで起こります。卵巣性の無月経は、発育卵胞がなくなったことで、閉経になったものです。

無月経の状態が長期間続くと、子宮が委縮したり、卵巣の機能も低下するため回復が難しくなります。3ヵ月以上無月経ならば、婦人科を早期に受診して、原因を突き止めて治療を開始することが大切です。受診の際には、基礎体温表を持参すると役立ちます。

細菌が尿道に侵入・感染しやすい女性は膀胱炎に要注意

男性の尿道が20cmという長さがあるのに対し、女性は尿道口から膀胱までが3cm程度しかありません。また女性の尿道は、膣や肛門に近い場所に位置しているということもあり、大腸菌や連鎖球菌などの雑菌、トリコモナス、カンジダなどの膣炎の原因となる微生物が侵入しやすいこともあり、膀胱炎にかかりやすくなっています。

トイレが近くなり、排尿後も痛い

膀胱炎になると、トイレに行っても少量の尿しか出ない、排尿後も残尿感がある、何度もトイレに行きたくなる、排尿時や排尿後に下腹部や尿道に鋭い痛みがあったり、重苦しい違和感を感じるなどのさまざまな不快な症状が現れます。

膀胱炎は、排便後の拭き方が間違っていたり、月経時のナプキンを長時間交換しなかったことで、経血を栄養源として繁殖した雑菌が尿道に侵入して発症することもあります。

女性の性器周辺の構造は、前から尿道口、膣口、肛門の順序で並んでいるため、排便後は、前から後ろへと拭いていくのが正しい拭き方です。しかし、子供の頃に正しい拭き方を習わなかったのか、後ろから前へと拭いている女性も少なくないのです。この拭き方は、肛門に付着した大腸菌、膣付近の細菌を尿道に触れさせることになるので、膀胱炎の原因となります。

婦人科や泌尿器科で採尿をすれば、原因となる病原菌は簡単に判明します。その菌にあった抗生物質を服用すれば、1週間以内に症状は治まります。トリコモナスやカンジダが原因の場合も抗菌薬を使用すれば改善します。

抗生物質は比較的早い段階から効き目を示しますが、症状が消えたからといって、最後まで薬を使い切らないまま、服用を中止するのは厳禁です。勝手に服用をやめると、膀胱内に生き残っていた僅かな細菌が潜在化してしまい、風邪やストレスなどで免疫力が落ちた時に、細菌が増殖して再発を繰り返す恐れがあります。

膀胱炎を予防するためには、尿道周辺を清潔に保ち、過労や冷えによる免疫力の低下を避けることです。また十分な水分を補給することで、尿量が増えますので、尿道から侵入してくる病原菌を押し流すことができます。

尿道炎は、膀胱炎には至らず、尿道にクラミジア、淋菌、トリコモナスなどが侵入して炎症を起こすものです。上記のように女性の尿道は短いので、膀胱炎まで進行することがほとんどです。尿道炎の症状は膀胱炎と似ており、排尿時の痛み、灼熱感があり、尿に血が混じっていることもあります。

子宮内膜症の不快な症状(月経痛、性交痛、不妊など)

子宮の内側を覆っている「子宮内膜」は、剥がれ落ちて月経として体外に排出されます。そして再び増殖、分泌というサイクルを毎月ごとに繰り返しています。何らかの理由によってこの子宮内膜が、内腔以外の場所(子宮の筋肉の中など)に侵入して増殖したり、子宮期の外へ出て卵巣や腹膜で増殖、分泌、剥離のサイクルを繰り返していしまうのが、若い女性に増加傾向にある「子宮内膜症」です。

下腹部痛や腰痛は典型的な症状

子宮内膜症ができなやすいのは、子宮体部・筋層・外膜、卵巣・卵管、大腸、膀胱などの部位です。子宮内膜症の病巣でも、女性ホルモンの影響を受けているため、健康な子宮内膜と同じように、月経が繰り返されることになります。

しかし卵巣や腹膜で起きる月経は出口がないため、経血が排出されることなくどんどん溜まっていき、血腫(コブ)をつくったりします。周囲の臓器と癒着してしまい、激しい月経痛、セックスの際の痛み、不妊などの不快な症状を引き起こします。月経期間中だけでなく、月経後にも下腹部痛や腰痛が残ることがあります。

卵巣の中がチョコレート状の血液で一杯になる「チョコレート嚢種」は、破裂して激痛を引き起こし、ショック状態になることもある危険な状態です。

また子宮内膜症は治療せずに放置していると、避妊をしていないのに自然妊娠ができない、いわゆる「不妊」の原因になることもあります。子宮内膜症の患者さんの約30%は不妊という報告もあります。月経痛、月経困難症などの症状があり、なかなか妊娠できない女性は、一度婦人科で検査を受けましょう。

子宮内膜症の診断は問診(初経の年齢、月経痛の有無、不正出血の有無など)、内診、超音波検査、血液検査などを組み合わせて行います。子宮内膜症と子宮筋腫は合併しているケースが少なくありません。

子宮内膜症のつらい症状は、女性ホルモンの影響によって、内膜が増殖と剥離を繰り返すことで起きるので、エストロゲンとプロゲステロンを含んだピルで妊娠と同じ状態を作り出すことで、排卵を止めてやれば、月経に伴うつらい症状を和らげることができます。これを「偽妊娠療法」といいます。

また、注射や薬の服用によって体を閉経状態にする「偽閉経療法」という治療法もあります。短期間で人工的に更年期の状態を作り出すので、頭痛や異常な発刊、ほてり、イライラなどの更年期障害に似た症状が出ることがあります。

女性ホルモンはストレスの影響を受けやすい

男性に比べて女性の生涯は、変化に富んでいます。まず、女性ホルモンが小児期、思春期、性成熟期、更年期、老年期ごとに大きく変化し、それにあわせて女性の体も変わります。なかでも性成熟期は、月経の前後、妊娠の前後(妊娠を試みている時期、妊娠時、分娩後、産褥期)などのように、特に変化が大きい時期となっています。

家庭、仕事、育児で精神的な負担

また、女性ホルモンは毎日変化をしています。28日周期で見ると、エストロゲンは排卵日の直前に増加し、その後少し下がり、また増加します。もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンも排卵の後に増加し減少します。その両方が下がった時に、子宮内膜が剥がれて月経がきます。エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンは、それぞれが変化しながら、月経周期をつくっています。

しかも、女性ホルモンはストレスの影響を受けやすいため、入学試験やスポーツの大会、引っ越し、入学・卒業、結婚、妊娠・出産、異なった仕事への配置転換、退職などの環境変化で脳にストレスがかかるとすぐに不安定な状態になります。

なかでも妊娠・出産は、それまでに経験したことがない大きな変化を体験することになります。女性にとって、自身が母親になることは生涯のうち最も大きい変化かもしれません。その後、夫や自分の両親の介護の問題もでてきます。男性は、仕事が生活の中心となる人が依然として多いですが、女性は家庭、子供、仕事と生活の中心がいくつもあります。それだけたくさん変化があるということは、ストレスにさらされる機会もそれだけ増えることになります。

ストレスというのは仕事の人間関係のトラブル、パートナーとの別れなどネガティブなものだけが原因となるのではなく、結婚や妊娠・出産、仕事上の昇進などのポジティブなものも原因となります。これは悲しいこともうれしいことも、その状態に完全に慣れるまでは、すべての変化がストレスとなるからなのです。

こうした変化が多いほど、その翌年に体調を崩す女性が多くなることがわかっています。変化が起きている年が一番大変なのですが、一件落着して肩の荷が下りたり、状況に慣れたと思った翌年に健康の問題が出てくるというのは興味深いところです。