無月経が続くと子宮が委縮したり、卵巣の機能が低下

月経がない状態には、妊娠や授乳中などの理由で、月経が中断している「生理的」な無月経と、子宮や卵巣の異常などが原因となる「病的」なものがあります。問題となるのは、後者の病的な無月経のほうで、「原発性無月経」と「続発性無月経」とがあります。

若い女性に増える無月経

18歳を過ぎても初経がない状態が、原発性無月経で、先天性異常や先天性疾患(染色体異常、卵巣形成不全、子宮無形性、膣の閉鎖)、視床下部や下垂体の異常、病気によって月経が起こらないなどが原因として考えられます。

続発性無月経は、月経の後3ヵ月経っても次の月経がない状態です。原因としては、視床下部性、下垂体性、卵巣性(以上3つはホルモンが関係)、子宮性(子宮内膜が炎症性の病気で癒着したなど)の因子があります。

月経のシステムは、エストロゲンとプロゲステロンが不足すると、視床下部が下垂体に対して指令を送ります。下垂体は卵巣に性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)を送るという連携で成り立っていますが、視床下部や下垂体に異常があると、無月経になってしまいます。

視床下部性の障害には、心因性や神経性があります。自律神経をつかさどる視床下部は、ストレスや、ショックなどの心因性の因子が自律神経を狂わせてしまうことで、ホルモンの分泌に悪影響がでてしまいます。また、食欲中枢も司っているため、拒食症や過食症などでも無月経になることがあります。

下垂体性の無月経は、下垂体に指令を出す視床下部が障害され、性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)を分泌できなくなることで起こります。卵巣性の無月経は、発育卵胞がなくなったことで、閉経になったものです。

無月経の状態が長期間続くと、子宮が委縮したり、卵巣の機能も低下するため回復が難しくなります。3ヵ月以上無月経ならば、婦人科を早期に受診して、原因を突き止めて治療を開始することが大切です。受診の際には、基礎体温表を持参すると役立ちます。