月経困難症は子宮口が未発達の若い女性に多い

月経時に、下腹部痛と頭痛、吐き気、肩こり、眠気、気分の落ち込みなどの全身症状が伴うものを「月経困難症」といい、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気、子宮の位置の異常などが原因となって起こる「器質的」なものと、病気や異常などがないのに起きる「機能的」なものに大別されます。

生理痛に悩まされる女性

月経が始まると、剥がれ落ちた子宮内膜と血液が子宮頸管を経て体外に排出されますが、子宮口は小さいため、通過の際に押し広げようとする際に強い痛みが起きるのです。これが機能的な月経困難症が起きる理由です。特に子宮の成熟が未発達の若い女性は、経血を排出しようとする際の痛みが強くなる傾向にあります。

また、ホルモンが原因で起こる月経困難症もあります。排卵期から月経が始まるまでの期間、黄体期の半ばくらいから、プロスタグランジンと呼ばれるホルモンが子宮内膜で産生されます。プロスタグランジンには子宮を収縮させる働きがあり、それにより子宮内部の不要な血液を排出することができるのですが、このホルモンが多すぎると子宮がギューッと収縮するため、激しい月経痛を起こしてしまうのです。

そのほかにもプロスタグランジンには、体の痛みの神経を刺激する作用もあるため、頭痛も起こりやすくなります。また腸の働きを活発にさせるため、下痢を引き起こすこともあります。子宮内膜症や子宮筋腫の女性は、プロスタグランジンの産生量が多くなり、月経痛も強くなり、月経困難症になりやすいので注意しましょう。

月経困難症の一般的な治療は、ロキソニン、ポンタール、ボルタレンといった月経痛用鎮痛剤(プロスタグランジンの過剰産生を抑制する薬)を服用します。

成熟期の女性に多い子宮筋腫

30歳以上の女性のおよそ5人に1人は子宮筋腫を持っているとされているほど、婦人科では診察の機会が多い病気ですが、現在でも子宮筋腫に対する理解は進んでおらず、「筋腫=必ず手術が必要」と誤ったイメージが持たれています。

子宮筋腫は成熟期の女性に多く、閉経を迎えると筋腫は自然に委縮することから、卵胞ホルモン(エストロゲン)による過剰な刺激が原因となり、子宮の平滑筋や結合組織が増殖するという考え方が有力です。

子宮筋腫の発症する部位は、筋層内、漿膜下、粘膜下などがあり、その部位によって症状は異なります。いずれもコブ状の筋腫の存在によって、子宮の収縮活動が障害されるため、月経の量が増えたり、期間が長引いたりして、貧血となり、ちょっと体を動かしただけで息が上がったり、立ちくらみがしたりします。

そのほか、月経痛、月経困難、腰痛、むくみ、筋腫が膀胱を圧迫することによる便秘といった自覚症状が現れます。筋腫が粘膜下にできると、受精卵が着床しにくくなり、流産や不妊の原因になることもあります。そのほか、茎を持った筋腫が大きくなると、茎が捻じれて激しい腹痛を引き起こすこともあります。

子宮筋腫の診断は、膣内に医師が指を入れて壁越しに子宮に触れる「内診」、「超音波検査」によって行います。子宮筋腫が確認された場合でも、筋腫の大きさがこぶし大以下で自覚症状がない場合、あるいは閉経間近の年齢の場合は手術せずに経過観察となります。