おりものは性病の原因菌の侵入を防ぎ膣内環境を守ります

健康な女性ならば誰にでもある「おりもの」は、膣や子宮頸管の粘膜などから出る分泌液が混じったものです。おりものは、初潮を迎えるころから出始めますが、小学生のころから出る女の子もいます。

デリケートゾーンの悩み

人間の体には分泌腺があり、目にほこりなどの異物が入った時には涙を分泌するといったように防御反応を示すことで、体を異物から守っているのです。おりものも同様に、膣に細菌が侵入したり、繁殖するのを防ぐ役割を担っているのです。女性の膣口は尿道口、肛門などに近い場所に位置しているため、細菌が侵入しやすい環境になっています。

また、おりものには膣に潤いを与えることで、セックスの際の痛みを緩和するなどの役割を果たしています。このように、おりものは。決して不快で鬱陶しいものではないのです。

他人のおりものを目にする機会は普通はないので、どういった状態が正常、あるいは異常なサインは何なのかはわかりずらいと思います。おりものの色や臭いは、月経周期で変化しますが、一般的に健康な女性のおりものは、無色から乳白色をしており、甘酸っぱい臭いがあります。

排卵前になると、ドロリとした状態のおりものになり、量も増えてきます。月経前になると、臭いは少し強くなり、黄色っぽくなる傾向にありますが、これは健康な状態ですので心配することはありません。

体調を崩すと、免疫力が低下して細菌が膣内に侵入しやすくなるため、防御反応としておりものの量は増えてきます。また、血が混じったおりものが出たり、茶色、褐色、黄色い膿状、ヨーグルト状、泡がたつ、生臭いなどのおりものが出る場合は、クラミジア感染症や淋病、膣カンジダ症、膣トリコモナス症の可能性もあるため、婦人科でおりものの検査を受けましょう。

下着を汚さないようにするため、多くの女性がおりものシートを使用しています。最近のおりものシートは肌触りもよいので、ついつい長時間着用してしまいがちですが、蒸れて細菌が繁殖して膣炎や外陰炎、皮膚のかぶれの原因となります。おりものシートはこまめに交換しましょう。

膣の中には、膣を酸性に保つことで、細菌の侵入をシャットアウトする「デーデルライン桿菌」という善玉菌が働いています。しかし、せっかく膣内環境を保っている善玉菌がいても、デリケートゾーンのにおい対策として、膣を石鹸で洗ったり、膣内ビデで洗いすぎると、せっかくの膣の自浄作用が損なわれて、悪玉の細菌が繁殖する原因となってしまいます。

デリケートゾーンの表面はうすい粘膜の層で構成されているので、洗いすぎは粘膜を傷つけて細菌の感染が起こりやすくなり、デリケートゾーンが赤くただれたり、腫れたり、痛みがあるなどの症状を引き起こしかねません。