性器ヘルペスの症状(水ぶくれ・ただれ)と再発する原因

一般的に性器ヘルペスは、症状が重症化することはあまりないSTD(性感染症)です。しかし、体内に単純ヘルペスウイルス(HSV)に対する免疫ができていない初感染時には、症状が比較的強く表れる傾向にあります。

HSV2型は性器に症状が現れる

通常はウイルスに感染して4~7日程度で、性器を中心とした部位にピリピリとした痛みが出た後に水ぶくれ、赤い発疹、ただれが現れます。リンパ節が腫れたり、発熱、全身の倦怠感などが現れることもあります。抗ウイルス剤のゾビラックス、バルトレックスなどの治療で2~4週間もすれば治癒します。

しかしなかには初感染であっても、発疹が少し現れたり、下半身に違和感を感じる程度で済む人や全く症状が現れずに自然に治癒する人もいます。本人は単純ヘルペスウイルスに感染し、潜在的に保有していることは気づかないので、パートナーも性器ヘルペスに感染する可能性があります。

性器ヘルペスはしつこく何度も再発するのが大きな特徴です。再発は、神経節(神経細胞)に潜伏していた単純ヘルペスウイルスが再活性することが原因ですが、ウイルスが再活性する理由としては、発熱、セックス、過労やストレス、紫外線、歯科治療などが挙げられます。

発熱、セックス、過労やストレスは体の免疫力を低下させるため、それまで抑えられていた単純ヘルペスウイルスが活発に動き出してしまうからです。紫外線も皮膚にダメージを与えることで免疫力が低下するため、結果としてウイルスが再活性するきっかけとなります。歯科治療は、麻酔注射や神経を抜く際の刺激で、ウイルスが再活性することがあります。

単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)と2型(HSV-2)の違い

単純ヘルペスウイルス(HSV)には、1型と2型の2つのタイプがあり、症状が現れる場所が異なるといった違いがあります。ウイルスに初感染した時は、1型と2型に関係なく体のどこにでも感染し、そこで水ぶくれ、発疹などの症状が現れます。しかし、1型と2型とでは潜伏する神経節が異なるため、再発時に症状が現れる場所が違ってくるのです。

下半身のピリピリした痛みが特徴

単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)は、三叉神経の神経節に潜伏することが多いのが特徴です。三叉神経は脳から目神経、上顎・下顎神経につがなっているため、1型ウイルスが再発した場合には、顔を中心とした上半身に症状が出やすい傾向にあります。

一方、単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)は、要仙骨神経の神経節に潜伏するため、性器、肛門の周囲、お尻、太腿などの下半身に症状が出ます。1型ウイルスと比較して、2型ウイルスは症状は軽いものの、再発の頻度が高いという特徴があります。

2型ウイルスは、主にセックスで感染します。セックスの若年化やパートナーの多数化、経口避妊薬(ピル)の普及によるコンドームの使用率の低下などの影響で、若い世代を中心に感染者は増加しています。

感染が増加する原因としては、最初に1型と2型のどちらのウイルスに感染したのかも関係しています。1型ウイルスに感染している人は、2型ウイルスにも感染しますが、その逆は起こりずらい傾向にあります。

問題は、2型ウイルスに感染した場合、症状が比較的軽い、あるいは無症状(痛みを伴う水ぶくれがない)のこともあるため、本人は単純ヘルペスウイルスの感染を知らないまま、セックスや類似性行為(オーラルセックスなど)でパートナーを感染させてしまうのです。

単純ヘルペスウイルス2型に感染している人の約70%は、無症状の単純ヘルペスとされています。なお、無症状の人が保有するウイルスでも、感染させてしまったパートナーには症状が出ますので、パートナーが皮膚科や性病科、婦人科を受診してヘルペスウイルスの感染が確認された場合には、もう一方のパートナーも必ず医療機関で検査を受ける必要があります。